お店レポ 東京

元日本Sフライ級1位 白石豊土が作る贅沢麺!早稲田の「つけ麺 えん家」

皆様こんにちは。

ボクサーのお店レポ、第70回はこちら。

 

山中慎介、冨山浩之介、赤穂亮…とてつもない強豪達との戦いで2005年~2016年の後楽園ホールを大いに沸かせてくれた元日本Sフライ級1位、白石豊土さんが店長を務める早稲田のお店「つけ麺 えん家」 です!

 

協栄ジムからデビューして38戦25勝12KO10敗3分の戦績を残した後、一時期は同じ元協栄ジムボクサー赤塚賢治さんの本格ローマ風イタリア食堂AKATSUKAを手伝っていた事もある白石さん。2020年6月22日にオープンしたえん家は、その味でつけ麺ファンを虜にしているという噂を聞き突撃して参りました。えん家デビューの日の感動を共有いたします。

 

場所と外観

東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩6分、都電荒川線「早稲田駅」から徒歩2分の距離です。この日は東西線を使いましたのでそこからの導線を書きます。

 

早大通りの早稲田大学への入り口がある場所を目指しましょう。そこまで来たらこの「大隈通り」という道があるので、その道に入って地図通りに進めばOK。

 

営業時間中であればこの看板が出ているのですぐ分かります。PayPayやLINEPayにも対応可能!嬉しいですね。対応してないお店もまだまだ多いですから。

 

到着いたしました!えんじ色のファザードに白い暖簾。「つけ麺 えん家」

清潔感溢れる店内

オープン2年目、全11席の店内は新しいうえに清潔感抜群です。

 

2人用のテーブルが2卓

土曜の15:00頃に行ったのですが、ちょうどランチタイムのピークが一旦落ち着いた後の様で、学生さんぽい二人組のお客様が。

 

カウンターには全席アクリル板

カウンターの椅子の形を見てください。丸椅子じゃなくて長方形タイプ!座り心地も良い感じで落ち着きます。

 

ボクシングカラーはさりげなく

カウンターの上に白石さんの現役時代の凛々しい勇姿の写真パネルが飾られており、券売機の下にもグローブを吊るした白石さんのイラストが貼られてます。

 

つけ麺各種・まぜそばの2本柱

メニューはつけ麺各種と、台湾まぜそばの2本柱+トッピング色々。ガーリックバターご飯やそぼろ丼も美味しそう。

 

えん家のこだわり

全席にえん家の拘りポイントのお知らせが貼られています。スープの煮込み時間やオリジナルの麺への拘りが分かると、より味わい深く食べられますね。

これがえん家のつけ麺!

台湾まぜそばにも惹かれましたが、デビュー戦なので今日はつけ麺を。それほど待つことなく、10分もかからないうちに白石さんが仕上げてくれました。

 

人気NO.1の味玉つけ麺(中盛)

大盛も無料だそうですが、じっくり味わう意味も込めてこの日は中盛に。シンプルで美しい盛り付けが食欲をそそります。卵の「しずる感」はこの写真で伝わりますでしょうか。

 

3種野菜のヘルシーなスープ

厳選した豚・鶏を骨の旨味が溶けるまで10時間煮込み、3種類の野菜を加えた濃厚でありながらヘルシーという贅沢なスープ。体中に染み渡ります。

 

厳選小麦の拘り麺

厳選した3種類の小麦をブレンドしたオリジナル麺。全粒粉の香りが素晴らしい。お味の方はいかがでしょうか。

 

それでは、いただきます。

 

こ・・・

これは・・・・

 

この味は・・・・!

この味の完成度はーーーーーーーー!

 

その味まさにリカルド・ロペス!

クオリティの高さを表現するのに適したボクサー。伝説王者リカルド・ロペスの右ストレートの様に真っすぐに突き刺さる旨味の一撃。濃厚スープと拘りのブレンド麺が織りなす至高の破壊力にひとくち目でKO寸前。これはウマい。

 

あっと言う間に完食してしまいました。2本柱のもう片方、台湾まぜそばも気になりますが、今日はこのツイートを見て我慢。

 

白石さんとの会話録

今もボクシングが大好きで、僕のSNSやこのブログも見てくれているという白石さん。憧れのボクサーや好きな試合の事などをお聞きしました。

 

憧れはリカルド・ロペス

メキシコが世界に誇る伝説王者。小さな巨人ことリカルド・ロペス。僕がツイッターでロペスの事を呟くと、5秒後に白石さんがリプライをくれた事もありました^^

 

「ロペスは本当に理想の選手です!ボクシングを始めた頃に、ロペスの試合のビデオを持ってる知人が居て何度も見てました。ビデオをコマ送りにしてロペスのアッパーの角度を真似して練習してたんですよ。全てのパンチをお手本の様に打ちますが、僕はあのアッパーに一番ロマンを感じました」

 

国内・海外含め一番好きな試合は《坂田健史vsロレンソ・パーラ第1戦》で、上京して初めて生で観戦した世界タイトルマッチとの事。協栄ジムの先輩である坂田さんが、序盤に顎を骨折しながらも気迫で王座に肉薄した熱く激しい試合でした。懐かしい!

 

現役時代の最も誇れる試合

あの山中慎介や赤穂亮をはじめ、超強いトップファイター達と拳を交えて来た白石さん。自身のベストバウトは2009年10月17日の試合との事。

 

「一番嬉しかったのは、角海老宝石ジムの奈須勇樹さんに勝った試合です。それまで2連敗中だったんですよ。3連敗なんてしてたまるか…絶対したくないという強い気持ちで試合に臨んで5回TKOで勝った時、自然と涙が溢れて止まりませんでした」

 

その試合の映像が見たい…残念ながらYouTubeを探してもヒットしませんでした。もし見つけた方いらしたら教えてください。

 

尚弥のPPV購入。ボクシング最高!

今でも協栄新宿ボクシングジムに汗を流しに行く事もあり、試合を観るのも好きな白石さん。体形も現役時代と変わりません。

 

「ボクシングは好きですよ。今はもう完全に一人のファンとして試合を観ています。先日の井上尚弥の両国での世界戦はタブレットからPPV購入して、前座の試合から全部観てました。自分がやってたスポーツだから観る…というよりシンプルに面白いから観てます。Tokkyさんのツイッターやブログも面白いから見てますよ^^」

 

穏やかで優しげな口調が印象的な白石さん。熱いボクシング愛は今も変わっておりません。

えん家の推しポイント

ボクシングファンならずとも是非とも行って欲しいつけ麺えん家。推しポイントはこの3点。

 

フィニート級の完成度

豚・鶏を10時間煮込み、3種類の野菜を加えた贅沢なスープと全粒粉のオリジナル麺が生み出す旨味の衝撃はまさにフィニート(ロペスのニックネーム)級。食べるべし。

 

ボクシング愛溢れる店主

白石さんの現役時代のお話しは楽しくて時間を忘れます。今は盛岡で焼肉チャレンジャーの店長をしている元世界王者・佐藤洋太さんとの協栄ジム内でのエピソードも聞けるかも?

 

試合会場も近い

新宿区なので、どの試合会場からもアクセス性は抜群。後楽園ホールのある水道橋駅から早稲田駅までの電車移動時間は約15分という近さ!興行の開始前でも後でも、どちらでも立ち寄れる距離です。

 

SNSはツイッターとインスタを更新中ですので、ぜひフォローしてえん家情報をキャッチアップしてください。

 

つけ麺 えん家 公式ツイッター

つけ麺 えん家 公式インスタグラム

 

いや~美味しいつけ麺と楽しい会話で素晴らしいひと時でした。つけ麺好きならえん家に行くべし!次回は台湾まぜそばを攻めよっと。

 

以上、第70回ボクサーのお店レポ「元日本Sフライ級1位 白石豊土が作る贅沢麺!早稲田のつけ麺 えん家」でした。最後に地図と概要を貼っておきます。

地図と概要

 

関連ランキング:つけ麺 | 早稲田駅(都電)早稲田駅(メトロ)面影橋駅

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。