お店レポ 東京

新宿ゴールデン街に元ボクサーのお店!佐藤洋介の小料理店「小鳥」

皆様こんにちは。
ボクサーのお店レポ第33回はこちら。

 

金子ジムの元プロボクサー・佐藤洋介さんが新宿ゴールデン街に構える小料理店「小鳥」です!

 

1988年のプロデビューから14年間、バンタム級で20試合を戦い2002年に現役引退。寿司職人を経験するなど腕を磨いたうえで、世界的に知られる飲み屋の聖地・新宿ゴールデン街に小鳥をオープンさせた佐藤さん。

 

開店は2008年。その人柄と料理の味でお客様に愛されて今年で12周年。小鳥デビューの日の感動を共いたします。

 

お店の場所と外観

お店の場所は丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分、丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」徒歩6分、西武新宿線「西武新宿駅」徒歩7分、中央線「新宿駅」東口から徒歩7分。

 

つまり新宿駅から徒歩で行ける好立地にあります。有名な飲み屋街「新宿ゴールデン街」久々に来たなぁ。

 

3~5坪のカウンターオンリーの店舗がメインで、その数なんと200店舗以上!この赤印が小鳥。靖国通りから一番近い通りにあります。

 

常連さんと店員さんの距離感が近いディープなお店が建ち並んでいます。そういえば新宿西口の「思い出横丁」もここに近いイメージの場所で、一時期よく通ってたのを思い出しました。

 

さぁ今日はどんな出会いがあるのか。

到着しました。

 

小鳥!

 

 

小鳥の店内

カウンターのみの全7席の店内。

平日の18時過ぎに入ったところ既に半分席が埋まっており、さすがにガッツリ写真は撮れませんでしたがこんな雰囲気です。常連さん同士でも初来店でも仲良くなれる空間。

 

メニューはお店の外の黒板と、店内のカウンターの上に置かれているボードにも書かれています。佐藤さんお一人でやられているのに品数が凄く多い。

 

入って右側の壁には額に入れて飾られたイラストが。営業中の佐藤さんを書いたものだと思いますが、独特のタッチで味がある素敵な絵ですね。

 

 

メニュー紹介

お店の外に出されているメニューです。

 

・日本酒

 

・おすすめ一品

 

・定番メニュー

お酒が進む逸品料理たち

この日は熱いボクシングファンと2人で突撃。メニューを吟味した結果、この5品を頼みました。

 

・ポテトサラダ
・豚肉豆腐
・真ホッケ焼き
・肉野菜炒め
・焼き日本そば

 

まずは乾杯のハイボール。

 

濃さがちょうど良くて美味しい。妙に濃いハイボール出てきた時の「ハズレ感」の心配は小鳥では無用です。

 

そしてお通し。

 

もやしのおひたしに明太子を和えた逸品。

ガッツリ量が欲しくなる味です。

 

1品目。

ポテトサラダ。

 

見た目はスタンダードなポテサラですが、練り込まれた玉ねぎの切り方が他のポテサラより大きいです。それがクリーミーなポテトと相性よく混ざってウマい。

 

2品目。

豚肉豆腐。

 

あっさりだけどコクのあるつゆが素材の旨味を引き出してます。胡椒の振り方がまた絶妙。ちょうど味が締まる量を振ってくれてます。

 

3品目。

真ホッケ焼き。

 

12年の営業で培った高い仕入れ技術!間違いなく上質な良い魚を仕入れてます。カウンターに冷蔵ケースがあるお店はゴールデン街では珍しいそうです。

 

4品目。

肉野菜炒め。

 

こういう定番料理をメニューを入れるのって、腕に自信が無いと出来ないですよね。一口食べるとそれが伝わって来ます。お肉の量が多くて嬉しい。

 

5品目。

焼き日本そば。

 

"焼きそば"ではなく焼き”日本そば"なのでこういうヴィジュアルになるワケですね。アツアツです。冷静に考えると有りそうで無いメニューですよ。珍しい。コシのあるそばがこれまた美味しく、あっという間に完食!

 

小鳥はゴールデン街200店舗以上のお店の中で「唯一、生牡蠣が食べられるお店」だそうですので次回はぜひ牡蠣もいただこうと思います。

 

佐藤さんとの会話録

1967年生まれという佐藤さん。1988年のプロデビューから14年間のボクサー生活を経て小鳥の店主へ。現役中の1990年には新人王戦で、後の東洋太平洋王者である今岡武雄さんとも試合をしたそうです。

 

この日来てた常連さん達は佐藤さんが元ボクサーである事は知っていても、現役時代の映像や写真は見た事がない人がほとんど。ご本人から現役時代の写真を見せて貰い、女性客の常連さん達は「マスター若い!」と盛り上がっていました。

 

「現役時代からの繋がりで来て下る方もいらっしゃいますが、お店で会話して初めて僕が元ボクサーだと知るお客様がほとんどですよ。ありがたい事に口コミでこのお店を知って訪ねて下さるボクシングファンの方もいらっしゃいます。常連さんが知り合いを連れてきてくれるパターンですね」

 

まさに今日もそのパターン。新宿ゴールデン街にボクサーのお店があるなんてもっとはやく知っておきたかった!

 

ボクサーのお店を食べ歩いてブログを書くのが趣味である事を佐藤さんに伝えると、先週行ってきたばかりの上原康恒さんのお店の事が話題に。

 

元WBA世界Sフェザー級王者・上原康恒の完全予約制・創作沖縄料理のお店「ちゃんぴおん」皆様こんにちは。 ボクサーのお店レポ第32回はこちら。 海外での伝説的KO奪取!元WBA世界Sフェザー級王者・上原康恒さんの創作...

「上原康恒さんって、普通に行けばお会い出来るんですか!?そんなお店があるんですね。上原さんがセラノから世界を獲った試合は素晴らしかった。当時自分は中学生でしたよ」

 

更に初対面のボクシングファン(小鳥の常連さん)の方とも話す機会があり、その方がこのブログの忠さん食堂編しずる編を読んでくれていたそうで、「記事に愛がある」と内容をお褒めいただけたので気分よくお酒が進みます^^ 

 

佐藤さんは自称恥ずかしがり屋だそうですが、人柄の良さが伝わる優しい店主です。もちろん料理の腕があるのは大前提ですが、このゴールデン街で12周年を超えて愛されて続けているのはそのお人柄があっての事だと思います。

 

いや~今日も楽しかった。

 

楽しい余韻に浸りながら帰りの電車の中で佐藤さんの戦績一覧を見ていると、1993年に間々田雄一さんと対戦してるではないですか!

 

間々田雄一さんはプロボクサー引退後にパン屋さんをオープンされており、実はそのパン屋さんの事が気になって調べていたところでした。店名は「boulangerie JOE(ブーランジェリー ジョー)」

 

元ボクサーのパン屋さんで、店名にJOEなんて最高じゃないですか。もちろん近いうちに突撃予定です。まさか小鳥の佐藤さんがboulangerie JOEの店主である間々田さんと試合をしていたとは。不思議な縁の繋がりを感じます。

各試合会場からの距離感

場所は丸ノ内線「新宿駅」徒歩5分、丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」徒歩6分、西武新宿線「西武新宿駅」徒歩7分、中央線「新宿駅」東口から徒歩7分ですので関東圏の試合会場ならどこでもアクセスしやすいです。主要会場から小鳥までのおおよその移動時間は下記の通り。

 

埼玉スーパーアリーナ

さいたま新都心駅から

新宿駅まで約40分。

 

後楽園ホール

水道橋駅から新宿駅まで約15分。

 

大田区総合体育館

京急蒲田駅から新宿駅まで約30分。

 

有明コロシアム

国際展示場駅から新宿駅まで約35分。

 

横浜アリーナ

新横浜駅から新宿駅まで約45分。

 

大田区総合体育館は30分ですし、後楽園ホールからは15分の近さ!観戦の前後の時間でも立ち寄りやすいですね。興行がある日に立ち寄ったらボクシングファンがいるかもしれません。都心ド真ん中の新宿ですから、仕事帰りにフラっと立ち寄ってのサク飲みにもピッタリです。

 

ゴールデン街の中でもカウンター内に冷蔵ケースを置いての素材管理や、新鮮な生牡蠣を提供しているお店は小鳥だけ。ボクシングファンでなくとも超楽しめるお勧め店です。ぜひ行ってみてください。以上、第33回ボクサーのお店レポ「新宿ゴールデン街に元ボクサーのお店!佐藤洋介の小料理店・小鳥」でした!

 

最後にお店の地図と概要を貼っておきます。

 

お店と地図と概要

関連ランキング:居酒屋 | 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。