元日本フェザー級王者・渡邉一久の完全個室「焼肉にくの音」by新宿

  • URLをコピーしました!

皆様こんにちは。

ボクサーのお店レポ、第88回はこちら。

元日本フェザー級王者の渡邉一久さんがオーナーを務める新宿歌舞伎町の完全個室「焼肉にくの音」です!

ボクサー引退後は後K-1や総合格闘技にも挑戦し、あのガチンコファイトクラブにも出演されていた渡邉さん。現在はお店の経営と並行してBattle-Boxというジムの会長も務めており、幅広く活躍されております。常にお店にいらっしゃるワケではないそうなので、事前予約のうえで突撃して参りました。

にくの音デビューの日の楽しい思い出を共有いたします。

INDEX

場所と外観

JR山手線「新宿駅」から徒歩10分、西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩1分、東京メトロ副都心線「新宿3丁目駅」から徒歩10分の場所。歌舞伎町の中心地です。

この日は新宿駅から向かったので、この新宿東宝ビルの前を横切って進みます。コロナも減って随分とこの辺りの賑わいが戻ってきました。

目的地のビルが見えてきます。ホストクラブの看板がデカデカと設置されているこの雰囲気、まさに歌舞伎町ど真ん中という感じ。

到着いたしました。このエレベーターで8階へ向かいます。焼肉にくの音へGO!

眩しいデザイナーズ空間

入店した瞬間からものすごい風格に圧倒されます。店舗内装・設計デザインのプロ集団である株式会社エイケーが担当したハイセンス空間にテンションMAX。

高級感溢れる空間演出

重厚なショーケースの中にお肉をチラ見せしつつ、壁には訪れた有名人のサイン色紙。間接照明の工夫で店内通路も雰囲気があって素敵。

全室・完全個室の特別時間

3時間貸切が可能な個室+高品質な接客で特別な時間を提供というコンセプト。上から梅桜の間(7名)、金桜の間(4名)、蓮の間(4名)

記念日や接待、利用シーン様々

窓がある部屋は新宿の夜景を楽しめる仕様にしてあり、他の部屋は品性溢れるインテリア。上から紅葉の間(4名)、牡丹の間(4名)、梅の間(4名)

この日は梅桜の間

入室時に撮った写真がこちら。まだ外が明るい時間の入店でしたが、夜になれば新宿の夜景が美しく輝きます。

メニュー紹介

いつもはメニュー表の写真を載せているのですが、にくの音のメニュー表はあまりにも分厚い!なので代表的なものを抜粋しておきます。

ドリンクメニュー

生ビール 700円
ドライゼロ 500円
レモンサワー 750円
他にシャンパン、ワイン、ウイスキー、カクテル、酎ハイ、ソフトドリンクetc

フードメニュー

にくの音サラダ 880円
キムチ盛り合わせ 1,300円
和牛ユッケ刺し 2,100円
和牛カルビ 1,400円
上タン塩 2,800円
石焼きビビンバ 1,500円
他に黒毛和牛、絶品厳選和牛希少部位、絶品熟成タン、ホルモン、スープ、ご飯もの、デザートetc

贅沢!にくの音タイム

GWの最終日。信じられないレベルの贅沢タイムを過ごしてしまいました。

生ビールのグラスから本格派

焼き肉店の生ビールでこんなグラスが出てきた事があったでしょうか。ドイツビールのバーデン・バーデンで見て以来の細長ジョッキ。

幻の京豆腐・にくの音サラダ・キムチ

にくの音サラダを注文したら「4名様分に取り分けてからお持ちしましょうか?」と聞かれてYESと回答。気の利いた接客サービスも素晴らしい。味も言うまでもなく絶品です。

焼き始めは上タン塩

5枚で2,800円の上タン塩。一口食べて言葉を失う自分がいました。これが本物のタン塩…柔らかさの中に香ばしい旨味が凝縮された贅沢極まりない逸品。

特上厚切りハラミ・希少部位の芯々

このハラミがまだ凄いのです。特上厚切りというだけあって超ぶ厚くてハンパない歯応え。拘りの"厳選和牛希少部位"のひとつである芯々もガチうまい。

新鮮ホルモンのハツ・レバー

ホルモンも柔らかくて上品な味。塩で食べてもタレで食べても、違った喜びを体感できる幸せ。レバーは苦手だと思ってたはずなのにペロッと完食。

黒毛和牛のハラミ・ロース

A5ランク黒毛和牛のロースも厚くて切り方が大きい。こちらはハラミと合わせて両方タレでかぶり付きました。ああ…ご飯が欲しい。我慢できずにご飯をオーダー。

幻の卵かけご飯・牛スジ煮込み

いかにも上質なオレンジ色の卵の黄身。ご飯の中心に卵を投入し、海苔と合わせて旨味の連打にさらされます。たまりません。

お口のケアも「niku no ne」 

焼き肉店ではお馴染みの食後のお口のケア。フリスクまでお店オリジナルのものが用意されているという拘りぶり。

渡邉さんとの会話録

予約時にボクシングファンなのでお会いしたいと伝えていたので、我々の個室に顔を出してくれたオーナーの渡邉一久さん。おすすめの特上厚切りハラミを焼いてくれました。

激戦区・歌舞伎町での出店への思い

元ボクサーの焼肉店は数多く存在してますが、新宿歌舞伎町+超高級志向+日本チャンピオンのお店は唯一無二。なぜこの場所を選んだのでしょうか。

「出店するからには一番を獲りたいという野心がありますから、世界的にも有名で焼肉店の激戦区でもある歌舞伎町でTOPを目指しています。おかげ様で水商売のお客様から格闘技界、芸能界まで様々なお客様に支えられて、やってこれていますね!」

テレビ映え&動画映えするお店なので、Youtubeで焼肉にくの音を検索すると、数多くのユーチューバーやグルメチャンネルの方々が店内の様子をアップしています。

統括料理長(金沢敬晢)とタッグを結成

空間や接客の素晴らしさは、見れば十分に伝わってきます。お肉の質と味には具体的にどういった拘りがあるのでしょうか。

「有名店で長年実績を積んだ統括料理長(金沢敬晢)とタッグを組んでます。A5ランク黒毛和牛をはじめ肉質を極めた素材だけを厳選。オーダーを受けてからカットする生肉も鮮度を重視して提供しています。僕は現役時代から焼肉が大好きだったんですよ。なので、やるなら"最高級"にしようと。その"最高級"の厚切りハラミが良い感じに焼けて来ました!お召し上がりください^^」

渡邉さんと同期の木村さんとの再会

この日は定期的に会食させていただいてるこのメンバー(元世界王者の木村悠さん、元ボクサーの後藤さん、元ボクサーのBOXARTさん)で集まったのですが、渡邉さんと木村さんは同期で顔見知りだったそうです。久々の再会だったようで、昔話から渡邉さんのボクサー現役時代のエピソードまでお聞きできて超~盛り上がりました!楽しすぎ^^

にくの音の推しポイント

ボクシングファンならずとも是非とも体感すべき贅沢な焼肉の名店にくの音。推しポイントはこの3点。

厳選された本格焼肉の「味」

有名店で長年実績を積んだ統括料理長(金沢敬晢)の目利きで、A5ランク黒毛和牛をはじめ肉質を極めた素材だけを厳選。オーダーを受けてからカットする生肉も鮮度を重視して提供する拘りぶり。

完全個室の「デザイナーズ空間」

店舗内装・設計デザインのプロ集団 株式会社エイケーによる圧倒的な空間演出。風格ある壁画や間接照明をセンス良く使った多様な空間演出での"3時間貸切"というロイヤリティの高さ。

高品位な「おもてなし」

サラダを注文したら「4名様分に取り分けてからお持ちしましょうか?」と聞いてくれますし、ドリンクやお肉の提供の仕方、お手洗いのご案内の仕方まで丁寧で親切です。

更に場所が新宿なので、後楽園ホールがある水道橋駅からの電車の移動時間は13分という近さ。試合の観戦後に今日は贅沢バージョンの焼肉行くか!という時、にくの音は筆頭の選択肢ですし、大切な会食やデート、記念日やお祝いなど特別な時間を過ごしたい時にピッタリなお店です。

SNSはツイッターとインスタを発見。渡邉さん個人のインスタでもにくの音情報を発信されているので、是非フォローしてにくの音情報をキャッチアップしてください。お店を訪れた武尊や三浦知良など有名人のショットが沢山見られます。

にくの音のツイッター

にくの音のインスタ

渡邉一久さんのインスタ

上質な空間で上質な接客を受けながら、最高メンバーと一緒に味わう厳選肉。まさに贅沢の極み!ぜひ行ってみてください。以上、第88回ボクサーのお店レポ「元日本フェザー級王者・渡邉一久の完全個室 焼肉にくの音 by新宿」でした。最後に地図と概要を貼っておきます。

地図と概要

関連ランキング:焼肉 | 西武新宿駅新宿西口駅東新宿駅

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

INDEX