辰吉ファンのボクヲタ店主!南風酒場「バイユーゲート」by三鷹

  • URLをコピーしました!

皆様こんにちは。

お店レポの第97回はこちら。

ボクシングファン歴40年を超えるボクヲタのマスター有(ゆう)さんが三鷹の駅前に構える南風酒場「バイユーゲート」です!

"音楽バー"というジャンルで2005年12月17日のオープン。Blues、Soul、NewOrleans&GoodRocki'nMusicなどを好む有さんが週末にはLIVE演奏することもあるそうなのですが、この記事では100%ボクシングネタで攻めて参ります^^最高のバイユーゲートデビューの日の思い出をご共有。

INDEX

場所と外観

JR中央線・総武線「三鷹」駅から徒歩1分という超好立地。駅の北口を出たら、ロータリーを背に真っすぐに進みます。

するとすぐ左手に、お店の白い看板が視界に入ってきます。緑色のワニ(ドラゴン?)と店名ロゴというキャッチーなデザイン。

駅から1分で且つ1階の店舗なんて導線良すぎ。初回でも迷う要素ゼロ。ビル1階の入口の扉を開けて進むと、更に奥にこの扉が。

到着いたしました。

三鷹バイユーゲート!

MUSIC&BOXINGな店内

この日用意されていた椅子の数は15席ほどでしたが、正方形でカウンター以外の空間は自由にアレンジ可能。LIVEの時などは余裕で数十名収容できそう。

マスターと話せるカウンター席

真横に冷房があるので暑い外から入ってきてカウンターに座ると超すずしい。お一人様も大歓迎のカウンターにこの日は2人で。

大人数利用も可能なテーブル席

テーブル席も2~3人掛けのテーブルが複数あるので、用途によって自由自在に組付けOK。

本来は「音楽バー」

当ブログの切り口が完全にボクヲタなだけで、バイユーゲートの本来の特徴はLIVEも出来るし幅広いジャンルの曲が聞ける音楽バーだというところ。

これぞボクヲタの証①

むむ。ボクシングマガジンよりもボクシングビート派の様ですね。数十年前から最新号までカウンターにずらり。別冊カドカワの井上尚弥特集も。

これぞボクヲタの証②

これは…!忘れたくても永遠に忘れられない2010年4月30日の夜。長谷川穂積vsモンティエルのポスターじゃないですか。入口の右側の壁にでかでかと貼られています。センス最高!

メニュー紹介

カウンター席に置かれていたメニュー表です。

・ソフトドリンク

・ドリンクメニュー①

・ドリンクメニュー②

・本日のおすすめ

バイユーのおつまみ

海外在住のボクヲタと乾杯。スペインで日本料理のお店を経営しているボクシングファンとSNSで繋がり、日本に帰国してるタイミングだったのでヲタトーク開催です。

キンキンに冷えたビアグラス

この日の東京は40度近いアチチDAYだったので、一杯目の生ビールが最高に美味い。泡が喉に染みわたります。

あぶり合鴨ロース

新鮮な合鴨が程よくサラッと火にあぶられております。マヨネーズと合い過ぎてウマい。

みょうがの味噌焼き

食べやすい一口サイズのみょうがちゃん。たっぷりとぬられた味噌の甘辛さがお酒によく合う。

ルイジア+チーズソーセージ

外はカリッと、中はサクッと程よい歯応えのチーズソーセージ。次回は是非ピザやグラタン系のメニューも攻めてみたい。

有さんとの会話録

40年以上の観戦歴を誇る「時代の証人」クラスのA級ボクヲタ有さん。音楽の話はせずこの日はボクシングのネタオンリーでいきました!

人生で一番感動した伝説の試合

現地観戦した中で、最も心が震えた試合を教えてください。そう聞いてみたところ、あの伝説試合のお話が。

「最も心震えたのは、辰吉丈一郎vsシリモンコンですね。正直言って辰吉が勝つのは厳しいと思ってたんです。若いシリモンコンの勢いが凄かったじゃないですか。なので前売りの時点ではチケットは買ってなかったんですが試合の当日…ちょうど行けるタイミングになったので、ある意味"ファンとしての覚悟"を胸に大阪城ホールに行きました。そしたらあんな試合を見せてくれて…人生で一番の感動ですね!」

90年代の後楽園ホールの凄さ

鬼塚勝也vs中島俊一の第2戦目を現地観戦したという有さん。当時の後楽園ホールのハンパない人口密度が分かるエピソード。

「あの試合、観客数が3,500人です。約2,000人で満席のはずの会場がとんでもない人口密度でした^^2階のバルコニーに人の波が2重3重になってて、1階フロアは通路にまで人が鮨詰め。一回自分の席に座ったらトイレなんて絶対いけませんでした。今はもうあんなにお客さんを入れることは出来なくなりましたけど、あの頃はまぁ~凄かったですよ笑」

生観戦のチケットは宝物

これまで現地観戦した伝説試合のチケットの半券は、思い出として大切にとってあるそうです。おお~辰吉vs岡部!さらにはリチャードソン戦まで^^

「辰吉vs岡部はラウンドが進むごとにホールのマニア達が辰吉に魅せられていくのがわかりましたね。リチャードソン戦は守口市民体育館という小さい会場だったのですが、お客さんでパンパン。やはりボクシングは生観戦が一番だと思います。他にはカオサイ・ギャラクシーvs松村謙二、浜田剛史vsロニー・シールズ、高橋ナオトvs朴、畑中清詞vsダニエル・サラゴサ、上山仁vs吉野弘幸…etc」

バイユーの推しポイント

ボクシングファンならずとも音楽ファンとして行っても超楽しめるであろう名店バイユーゲート。ボクヲタ視点での推しポイントはこの3点。

おつまみ充実!

バーなので当然お酒の種類は幅広く揃っています。フードメニューも有さん手作りの炒め物から焼き物系まで充実してるのでコンプリートしたくなる!

マニアに刺さるボクシンググッズ

カウンターにはボクシングビートがずらりと並び、壁際には長谷川穂積vsモンティエル戦のレアなポスター。実は有さんは他にもレアなポスターを沢山持っており、時期によって貼り替えているとか。

店主とのボクヲタトーク

井上尚弥vsドネアⅡは店内モニターをアマゾンプライムに繋いで、営業中にお客様と観戦していたという有さん。ボクシングに興味がなかったお客様にまで「教育」を施して、興味関心を0から1に引き上げているというのですから、まさにボクシングファンの鏡^^

三鷹は中央線なので、後楽園ホールのある水道橋駅からの電車での移動時間は30分という近さ。観戦後でも飲みに行けますし、更に三鷹駅周辺には元ボクサーの焼鳥店が2店舗もあるのです。後藤茂久さんの鳥しげと、我孫子正吉さんの鶏坊主です。合わせてお楽しみください。

バイユーゲートのブログやSNSを記載しておきますのので、是非フォローしてバイユー情報をキャッチアップしてみてください。

お店のサイト

有さんのブログ

Twitter

Facebook

Youtube

以上、お店レポ第97回「辰吉ファンのボクヲタ店主!南風酒場バイユーゲート by三鷹」でした。最後に地図と概要を貼っておきます。

地図と概要

TEL:0422-55-5782
定休日:日曜日
営業時間:18時30分~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

INDEX